こいぬすてっぷで届いたリッチェルのお散歩ハンディシャワーを体験


桐子
車でお出掛けの時の話です。

助手席から後ろをのぞくビショみ。


ビショみ
わたしもうしろにいきたいわ。

ビショまる
せまいし眠いから来なくていいよ。

ビショみはビショまると仲良くなりたいと思っていると思うのですが、ビショまるはそうではなさそう。

そのうち仲良くのなるのを期待して。。。

その後、目的地に到着。

付近を散歩している途中、喉がかわいていそうなビショまるとビショみに、先日4ヶ月のこいぬすてっぷで届いたリッチェルのお散歩ハンディシャワーで給水。

以下で、感想などを紹介しています。

スポンサーリンク

こいぬすてっぷで届いたリッチェルのお散歩ハンディシャワー

リッチェルのお散歩ハンディシャワーで給水。

使い方

ペットボトルを取り付けます。

シャワーキャップを引っ張って持ち上げ受け皿を起こす。

ペットボトルをひっくり返りかえし、ペットボトルを押すと受け皿に水が入ります。

もう1つの使い方は、お散歩中の排泄跡のマナー水に。

私の感想まとめ

リッチェルのお散歩ハンディシャワーは給水とマナー水、一つで2役、便利なグッズです。

使い方も簡単です。

使用するペットボトルは、炭酸飲料のツルンとしたペットボトルの方が、私は使いやすと思います。

今回使ったペットボトルはデコボコで、ペットボトルを押しにくかったです。

一度に出る量も少ないですし。。。

特に、マナー水として使う時は炭酸飲料のペットボトルの方が良いと思いました。

炭酸飲料のペットボトルは、押し続ける事ができるので排泄跡にかけやすいからです。

今回、短時間の外出だったので小さいペットボトルで足りましたが、次回から余裕のある500mlか1000mlを使おうと思います。

1000ml、ちょっと大きいかなぁとも思いましたが以外と大丈夫です。

失敗だったのは、使った後シャワーキャップを元に戻し忘れていて、車のシートが少し濡れました。

シャワーキャップなので、ジャジャ漏れではなくて良かった。

でも、これがカバンの中で起こってしまったらショックだっただろうなぁ。

スマホが濡れたら大変。

防水機能ついてないので。。。

次回から気をつけよう。

今回、こいぬすてっぷの4ヶ月目に入っていたお散歩ハンディシャワーを紹介しましたが、他の中身も紹介しています。

詳しくはこちらの記事をどうぞ
子犬のしつけの通信講座を体験!気になる中身は?

公式サイトはこちら→こいぬすてっぷ